妊娠中の脱毛サロンで気をつけること

// Published 2016年2月17日 by こころ女子

ムダ毛処理は妊娠中の女性でも必要です。
次第にお腹が膨らんできますから動きも制限されます。
自己処理をするにも限界があります。

そして、日常的に脱毛サロンや美容外科クリニックに通って脱毛をしてる女性には気配りをしなければならないことがあります。

赤ちゃんへの影響を最優先に考えること

脱毛サロンや美容外科クリニックではフラッシュ脱毛やレーザー脱毛をすることが多いです。
健康体ならば身体に悪い影響もありません。
ですが妊婦となると話は別です。
使用できない施術方法もあります。

どうしてレーザー脱毛やフラッシュ脱毛を施術できないのか?

サロンによっては妊娠中でも脱毛していくれるところもあります。
ですが身体への影響をしっかり確認してからにしましょう。
とりわけ妊娠して3カ月までは最も不安定な時期なのです。

少しの刺激だったとしても身体は敏感になっています。
最悪の場合は流産になるかもしれません。
また妊娠後期の臨月近くになると陣痛の恐れもあります。
普通の脱毛サロンや美容外科クリニックでは脱毛をしないのが現実です。

妊娠中は自宅で家庭用脱毛器やシェーバーを利用しましょう。
その方が安全です。
手間はかかりますが出産して落ち着いたらまた脱毛サロンへ通えばいいのです。