毛周期の1つ「休止期」とはどんなもの?

// Published 2016年9月4日 by こころ女子

私たちの体に生えている体毛にはそれぞれ毛周期と呼ばれるサイクルがあります。
各部位によって異なるこの毛周期について、少し知識を深めてみましょう。

毛周期の基本

体毛のほとんどは2ヶ月周期で成長し、抜け落ちるといわれています。
その生え変わりサイクルのことを毛周期と呼びます。

「成長期」「退行期」「休止期」の3段階に分けられます。
またこの中でも脱毛で使用する光に反応してくれるのは成長期と退行期の一部の毛だけになってきます。

各部位の毛周期

それではそれぞれの部位の毛周期を見てみましょう。

髪の毛
成長期には1日に0.3~0.4mmも伸びます。
一度抜け落ちた髪の毛は4ヶ月ほどで新たに生えてくるといわれています。

まつ毛・眉毛
まつ毛のエクステや眉カラーをしている方には特に気になるのがこの部位です。
1日でおよそ0.18mm伸びます。
生え変わりのサイクルは2ヶ月と比較的短期になります。

手・脚
1日でおよそ0.2~0.4mm伸びます。
生え変わりのサイクルは3~5ヶ月と言われています。

ワキ毛
1日でおよそ0.3mm伸びます。
生え変わりのサイクルは4ヶ月と言われています。

ビキニライン
1日でおよそ0.2mm伸びます。
生え変わりのサイクルは4ヶ月と言われています。

ホルモンバランスが与える影響

また毛周期にはホルモンバランスも大きく影響を与えています。
体毛の濃さはホルモンバランスによって個人差を生んでいるといわれます。

女性の場合、男性ホルモンが過剰に作られてしまうと、多毛症になる場合があります。
腕や脚、胸や下腹部、口の周りなどの毛が濃くなってしまいます。
多毛症は卵巣や副腎に疾患が起こっているケースが多く、医師による検査が必要となります。

部位によって異なる毛周期

このように体の部位や各個人の体質、またはホルモンバランスによってこの周期は異なってきます。

脱毛を通して毛を減らしたい方は、やはり成長期にめがけて行うことが最も効果的とされています。
最初は掴みづらいかもしれませんが、脱毛を進めていくにつれて自分の毛周期が把握できるようになります。